未分類

サイズ感を考える

医療用かつら購入後に多いトラブルは、脱毛後に着用してみたらサイズが合わなかったということ。実は、きちんと試着をした上で購入しても、サイズが変わってしまう問題は避けられません。

医療用かつらを準備する段階では脱毛前のため、脱毛後に着用するとどうしてもかつらが大きい、緩いという事態に陥ります。サイズが合わないと着け心地が悪い上に、かつらが動いてしまうこともあるため「かつらを着けている」と分かりやすくなってしまうのです。このような問題を阻止するために、試着の際は脱毛後の状態を想定しましょう。ネットで髪の毛のボリュームを抑えるなどして、できるだけ脱毛後に近い状態を作ります。その上から医療用かつらをかぶってみると、どのような感じなのか見えやすくなるのです。また、購入後に医療用かつらのサイズ調整ができる店舗で購入するのも手です。脱毛後に改めて調整することで、よりフィットしたものを使うことができ、不快感も軽減できます。

自分に似合う医療用かつらかどうかは、サイズ感も重要になります。大きすぎて隙間ができると、やはり不自然になってしまい、似合うものも似合わなくなります。自分に適したかつらを選ぶときは、頭の形も考えてみましょう。