未分類

状況に合うものを選ぶ

治療中、医療用かつらをずっと使用し続けなければならないことは、患者様にとって大変なストレスにあたります。しかし、かつらを使用しないというのも、それはそれで苦痛になるでしょう。

医療用かつらを選ぶポイントの一つとして、外用と家の中用で使い分けられるように、場面に合ったかつらを用意しておくことです。例えば、出かけるときに使用する医療用かつらは、スタイリングが自由にできるものや、毛質にこだわったものなど、かつらだとバレにくいものを選んでみてはいかがでしょうか。患者様の中には、治療中だということを知られたくない方もいるでしょうが、そのような方はより自然なヘアスタイルが可能なものを使用しましょう。一方、家の中にいるときは、周りにあまり気を遣わなくていい時間になります。家の中で部屋着を着るように、かつらも外用より価格が安いものや、リラックスできるものなどを使用すると良いかもしれません。ONとOFFの切り替えができるように、それに合わせて医療用かつらを準備しておくとかなり楽になります。

治療中でもお洒落を楽しみたい方にとって、医療用かつらは大きな味方です。状況に合わせて上手に使い分けすることで、ストレスや負担は減少します。ぜひ、医療用かつらを使用する際は検討してみてください。