Browse Month by 8月 2017
未分類

自然に見えるかどうか

医療用かつらを使用するときに、気になるポイントとして「かつらを着用しているとバレてしまわないかどうか」があります。かつらだとバレないためには、その人に似合っているものか、そして不自然ではないかをチェックすると分かりやすいです。

かつらを着用した際の不自然さには、さまざまな要因があります。例えば、毛髪の分け目やつむじにボリュームがなく、潰れてしまっていると不自然さが拭えず、かつらを着けているとバレてしまいます。また、毛髪の質感なども一因です。人工の毛は、化学繊維を使用しているためどうしても表面がツルツルしてしまいます。人間の毛髪はキューティクルで覆われており、綺麗にツルツルにはならないもの。そのため、光に当たったときの光沢などで不自然さが出てしまうのです。他には、かつらを着用した際のシルエットも確認するポイントになります。膨らみすぎても、ボリュームがなさすぎても、かつら感は否めません。そのあたりの調節は自分だけでは分からないため、客観的に見てくれる人を連れて試着しに行くと良いでしょう。

医療用かつらでも自然に見せるためには、毛の分け目を多少スタイリングできるものや、人毛が入ったかつらを選んでみてはいかがでしょうか。人毛が含まれるだけでも、すべて人工毛のかつらに比べてより自然に見えるため、扱いやすいかもしれません。

<参照HP>REIZVOLL / 医療用かつら通販


未分類

サイズ感を考える

医療用かつら購入後に多いトラブルは、脱毛後に着用してみたらサイズが合わなかったということ。実は、きちんと試着をした上で購入しても、サイズが変わってしまう問題は避けられません。

医療用かつらを準備する段階では脱毛前のため、脱毛後に着用するとどうしてもかつらが大きい、緩いという事態に陥ります。サイズが合わないと着け心地が悪い上に、かつらが動いてしまうこともあるため「かつらを着けている」と分かりやすくなってしまうのです。このような問題を阻止するために、試着の際は脱毛後の状態を想定しましょう。ネットで髪の毛のボリュームを抑えるなどして、できるだけ脱毛後に近い状態を作ります。その上から医療用かつらをかぶってみると、どのような感じなのか見えやすくなるのです。また、購入後に医療用かつらのサイズ調整ができる店舗で購入するのも手です。脱毛後に改めて調整することで、よりフィットしたものを使うことができ、不快感も軽減できます。

自分に似合う医療用かつらかどうかは、サイズ感も重要になります。大きすぎて隙間ができると、やはり不自然になってしまい、似合うものも似合わなくなります。自分に適したかつらを選ぶときは、頭の形も考えてみましょう。


未分類

状況に合うものを選ぶ

治療中、医療用かつらをずっと使用し続けなければならないことは、患者様にとって大変なストレスにあたります。しかし、かつらを使用しないというのも、それはそれで苦痛になるでしょう。

医療用かつらを選ぶポイントの一つとして、外用と家の中用で使い分けられるように、場面に合ったかつらを用意しておくことです。例えば、出かけるときに使用する医療用かつらは、スタイリングが自由にできるものや、毛質にこだわったものなど、かつらだとバレにくいものを選んでみてはいかがでしょうか。患者様の中には、治療中だということを知られたくない方もいるでしょうが、そのような方はより自然なヘアスタイルが可能なものを使用しましょう。一方、家の中にいるときは、周りにあまり気を遣わなくていい時間になります。家の中で部屋着を着るように、かつらも外用より価格が安いものや、リラックスできるものなどを使用すると良いかもしれません。ONとOFFの切り替えができるように、それに合わせて医療用かつらを準備しておくとかなり楽になります。

治療中でもお洒落を楽しみたい方にとって、医療用かつらは大きな味方です。状況に合わせて上手に使い分けすることで、ストレスや負担は減少します。ぜひ、医療用かつらを使用する際は検討してみてください。


未分類

かつら選びのコツ

医療用かつらは、病気の治療薬などで脱毛症状が現れたときに使用するものです。かつらとは縁がないと思っていた人でも、治療をきっかけに使用する場合があります。そんなとき、どのようなかつらを選べばいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。

かつらは、脱毛の可能性がある時期の前には準備しておくと、心に余裕が生まれます。かつらを選んでから自分の元へ届くまでは時間がかかるため、比較的ゆとりのある治療前に準備を進めておくと良いでしょう。選ぶポイントはさまざまですが、サイズ感に気をつけて選ぶと失敗しにくいと言えます。かつらを選ぶ脱毛前と、かつらを使用する脱毛後ではブランクがあり、サイズは変わってしまうのは当然のこと。脱毛後に使用することを考えて選ぶのが、良いかつらを作るコツです。さらに、金銭的に余裕がある方は2種類のかつらを準備すると使い勝手が良くなるでしょう。外出用と自宅用で分けておくと、ONとOFFが切り替えられ、ストレスの軽減にも繋がります。かつら選びでは、自分にあまり負担をかけないものを選ぶことが大切です。長く付き合っていくものだからこそ、使い心地の良いものを作っておきましょう。

このように、かつらには実際に使ってみないと分からない、気づかない悩みが多くあります。これからかつらを使用するならば、どのような問題があるのか知っておきたいところです。そこで当サイトでは、医療用かつらを選ぶときに気をつけておくと後々楽になるポイントをご紹介します。